アカウント大量作成し、ドリンクが貰えるキャンペーンに大量応募



『埼玉県立高校の男子生徒が12月上旬、ツイッターで約8000のアカウントを作成し、ドリンク剤が当たるインターネット上のキャンペーンに大量に応募して約70本のドリンクを不正に入手していたことが26日、学校などへの取材で分かった。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141226-00000521-san-soci》

なかなか、考えなしというかなんというか、どうして明らかにダメだとわかる行為をしたのでしょうか。これを機に反省していただきたいです。

この不正行為を行った高校生に対し有望だなんだという意見もあるようですが、他者の作ったプログラムで行った行為である以上、どこにも褒められる要素などはない気がするのですが…。

簡単にできたからこそ、簡単に不正行為をしてしまったのでしょう。
アカウントを作ったらあとは切り替えてキャンペーン応募するだけです。これをしない人が多いのは、不正行為だとわかっているからでしょう。

ドリンクが欲しいというよりは楽しいイベント事のような気分で挑んだのではないでしょうか。栄養ドリンクって美味しいものは美味しいのですが、そうでないものも結構多いですし…。

大丈夫だと思って楽しみながらやった行為でも、最終的にこうなることを想定できなかった時点で、賢いとは言えません。もっとよく考えて行動するべきだと思います。