支持政党なし…という名称の政党が存在、多量の票を獲得

『衆院選に比例区北海道ブロックから立候補した政党「支持政党なし」(佐野秀光代表)が約10万票を獲得し、社民や次世代を大きく上回った。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141215-00000031-asahi-pol》

これは勘違いしてしまった人が多かったことでしょう。
卑怯とかずる賢いとかある意味清清しいとか、そういったものを飛び越えて、こういった党の存在が許されてしまうのか、ということに驚きを隠せません。

この党にいれようと思っていれられた票は実際のところ殆どないのではないでしょうか。

こういう人を騙すような票の集め方はどうなのでしょう。
支持する政党なしだと判断した人の意思を無視しているのではないでしょうか。
騙されるほうが悪いとはよく言いますが、騙すほうも悪いのです。

というより、このようなふざけた党名が許されるのなら、今後真似をして投票数を稼ごうとする政党が現れてもおかしくありません。
政党の名前を決める際、どのような決まりごとが存在するのかわかりませんが、こういった選挙の穴を突くような卑劣な政党を増やさないためにも、何かしら厳しいルールを設けるべきだと思います。

それ以前に、まず紛らわしいことはしないというのは当たり前のことだと思うのですが…。

消費税引き上げ、延期決定

『政府は14日、来年10月の消費税10%への引き上げを1年半延期するのに合わせ、経済情勢が好転していなければ増税を先送りする「景気条項」を、消費増税法から削除する方向で検討に入った。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141114-00000186-jij-pol》

消費税が8%になって久しいですが、変えたばかりなのにまた変えるというのは、例え前々から考えられていたことであったも受け入れかねますね。8%に変わる時ですら開店できないお店があったのに、また変えるとなったらてんやわんやです。

それに税金を上げるばかりで全く国民の給料が上がっているように感じません。ただただ締め付けられている感じです。

それ以上絞っても水は出ないというところまで絞るつもりでしょうか。一部の人はそれで良いかもしれませんが、それで生活が崩壊していく人も多いでしょう。

それなのに少子化対策を推し進めるというのですから、なんだかよくわからなくなってきました。子供が減っている主な原因は経済的な理由だと思います。

もう一人欲しいけど家計が苦しいから、という理由で諦める人がいます。何とかなると言われても、最悪のことを考えると踏み出せないでしょう。

延期したあと更なる延期をする可能性が高いと思いますが、今のところは見送りとなって安心しています。

小渕優子前経済産業相の問題について

『自民党の小渕優子前経済産業相の政治資金をめぐる問題は30日、東京地検特捜部による強制捜査を受け、衆院議員としての進退論に発展した。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141030-00000127-jij-pol》

政治資金をおかしなものに使っていた、という問題だったでしょうか。

SMバー事件やウチワ事件があってから、どの人がどんな不祥事を起こしたのかグチャグチャになってよくわからない状態になっています。

最近は変な不祥事が多いですね。邪魔者を引き摺り下ろしたい誰かが目を光らせる時期なのでしょうか。

まあ、本当に問題のあることではありますから、それについて追求したりするのは全く問題ないどころか、積極的にするべきだと思うのですが、ウチワ事件やSM事件は、それはもっと違う場所で話し合いできないのだろうかと考えられないでもないです。

今はそういう問題より、積極的に話し合っていかなければならない問題があるはずです。エボラ関係など…。

まあ、テレビに映っていないところではしっかりされているのかもしれませんが、そういった様子を少しは見せていただかないと、なんでこんなことをしているんだろう?と国民に思われても仕方ありません。

見える場所しかわからないのですから…。

日本でのカジノ解禁の実現は難しい……

『自民、公明両党の幹事長・国対委員長が29日午前、東京都内のホテルで会談し、カジノ解禁に向けた「特定複合観光施設区域整備推進法案」の今国会成立は厳しいとの認識で一致した。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141029-00000034-jij-pol》

またまたカジノ解禁に関する法案についてのニュースです。
どうやら話し合いは良くない結果に終わったみたいです。
成立は厳しいとのことですが、詳しいことは私にはわかりません。
しかし、パチンコが許されるならカジノも許されるべきですし、カジノを許容しないならパチンコも許容しないべきです。

というより、私にしてみると家カジノよりパチンコの方が問題ありのような気がするのですが、気のせいでしょうか。
パチンコ屋は音と光で人を惑わし、時には人を破滅させる恐ろしい場所です。

パチンコもカジノも似たようなものでしょう。どちらかというとカジノは敷居が高く、一般庶民には関係ない場所のようなイメージも強いですが…。

カジノを作るくらいで観光として使えるのなら、作ってしまえば良いと思うのです。

いったい何故、パチンコは良くてカジノはアウトなのか納得できる理由を知りたいです。
私はあんまり賭け事が好きではないので興味の薄い問題ではあるのですが、この件に関しては今後も注目していきたいです。

危険ドラッグを堂々と催促…取り締まれない現状

『危険ドラッグの輸入が野放し状態となっていることが12日、明らかになった。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141013-00000091-san-soci》

コソコソとしているのならまだしも(駄目なものは駄目ですが)、堂々と催促するとは、本当に駄目な状態ですね。このままでは危険ドラッグの販売業者は消滅しませんし、誘惑に負けた哀れな人がまた何かを起こします。

確かに世界では大麻を容認している国もありますが、少なくとも日本では、そういったものを容認していません。
大麻と危険ドラッグは少し違いますが…。

依存性のある薬物であることに変わりなく、危険ドラッグは日本では取り締まることができない状態であるだけです。

開き直って酒とタバコとどう違うのだと言う方も時にいらっしゃいますが、確かにいずれも危険なものに変わりありません。

特にお酒も効果は似たようなものかもしれませんが、危険ドラッグは次のドラッグに繋がる可能性が非常に高いとされています。

酒も飲み、タバコを吸うだけでなく更に危険ドラッグを摂取したときには考えただけで恐ろしいですね。

取り締まるためにはいろいろなことをしなければいけないらしいですが、このままでは駄目でしょう。

どうにか頑張っていただきたいです。

心神喪失者の無罪と有罪

『法を犯した者は罰せられます。だから、私たちは安心して暮らせます。仇討ちをしなくても我慢もできるでしょう。しかし、例外があります。その一つが、心神喪失者です。刑法39条には、「心神喪失者の行為は罰しない」とあります。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141012-00000005-wordleaf-soci》

多くの罪、多くの殺人を犯し、多くの人を恐怖させ、悲しませた犯人が捕まったあと、出された結論が心神喪失で責任能力なしと見なし、無罪にする、という結末が、被害者の家族にとってどれほど無念であるか想像に難しくはありません。

私は犯人に責任能力が無いからといって、犯したことは罪に変わりないと思っています。

罰してはいけないと法律で決まっているのなら、そこは諦めて、せめて加害者の再犯がないよう願いたいところですが、もしも相手が殺人者だったとしたら、正気ではいられないでしょう。

人を殺して無罪はありえません。
もしも恨みと憎しみだけになってしまったら、ハンムラビ法典よろしく、目には目を歯には歯をで犯人がしたことと同等の仕返しをさせていただくでしょう。
人間、憎しみ、怒り、恨みに支配されるとなにをするかわかりません。

事故ではなく故意に行った犯罪なら、責任能力がないからこそ裁かれるべきだと考えています。
それは犯罪者が子供だとしてもです。
罪を犯した以上、子供であっても罰せられるべきなのです。

消費税、10%へ更に上がるか?上がらないのか?

『安倍首相は14日のNHK番組で、予定通り来年10月に消費税率を10%に引き上げるかどうかについて、「経済がガクッと腰折れしたら税収は上がらないわけで、よく見極める必要がある。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140914-00050088-yom-pol》

消費税が8%に上がってから約5ヶ月は経ったでしょうか、詳細には覚えていないのですが、消費税8%に上げた後、1年後に更に2%重ねて10%の消費税率にするという話だったでしょうか。

加えて、絶対に10%にするのではなく、まずは3%上げて、様子を見て、問題なさそうなら予定通りに消費税率をアップさせるとのことでしたね。

8%になって慣れてきたものの、スーパーなどの商品の表示が昔のように税抜き価格ばかりになって非常に不便な状態になっています。

10%になれば計算は楽ですが、次は家計が苦しくなり、販売者も苦しくなり、かなり危ない気がします。

それに、家族がスーパーで働いているので大変な話を聞いたのですが、商品の価格を全て消費税8%に対応させなければいけなかったため、家に帰れない、スーパーを開店できないということもあったそうです。開店できないスーパーは多く、ニュースにもなっていましたね。
それがまた1年後に起きるとすれば、かなり大変ですよ。

私は、消費税を10%にするのはまだまだ待った方が良いと考えています。

危険ドラッグの販売ルート、断てるのでしょうか?

『危険ドラッグ(脱法ドラッグ)の販売ルートを断つため、警視庁サイバー犯罪対策課は、インターネット上で危険ドラッグを販売する29サイトを掲載しているプロバイダー9業者に対し、違法情報として削除を要請した。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140829-00000553-san-soci》

脱法ドラッグ→危険ドラッグに名称を改められたのを皮切りにどんどん進んでいっていますね。

法に抵触しないからといって、人の心を破壊する危ない薬物を金儲けのためだけに利用するのは許されません。

ネット事業者の中には金を儲けられるのならどんな手段も使いまくるという悪質極まりない者達が存在しますから、どんどん痛い目に合わせていただければと思います。

しかし、プロパイダーがサイトを削除しても、根本的な解決にはならないですよね。そういうサイトは大抵、不死鳥のように蘇りまくります。
潰したら次、潰したら次、でイタチゴッコです。

こういった業者はサイトのデータもバックアップされているですし、とにかく今は法律で裁けないというのなら、仕方の無いことだとは思うのですが…。

早急に違法ドラッグ認定されてしまえば良いのにと思っております。
そして法的な裁きを悪質業者に与えてほしいです。
とりあえず、誰でも簡単に購入できてしまう現状をどうにかしたいものではありますね。

ロシアが中止要請にもかかわらず北方領土での軍事演習を実施

『日本政府は、ロシア軍が中止要請にもかかわらず北方領土での軍事演習を実施したことを受け、外務省の武藤顕欧州局参事官が13日、ロシアのジョスキー駐日臨時代理大使を同省に呼び抗議した。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140813-00000109-mai-pol》

武藤顕欧州局参事官って噛んでしまいそうな感じですね。
こういう名前も噛まずに言えるアナウンサーさんはすごいです。

それはさておき、中止要請したのにも関わらず演習が実施されたというのは問題だと思います。

演習やらなんやら、軍事関係には疎いので、詳しくは専門家の方々にお任せいたしますが、何もわからない人間でも、これが問題のあることだというのはわかります。
あと北方領土は居住地に近いので、あっそう…とはならないです。
何かあったら怖いので、今後が心配ですね。

どうしてロシア軍は中止要請されたのにも関わらず演習を実施したのかわかりませんが、理由を明らかにして、解決していただければな、と思います。

詳しいことは何もわかりませんが、トラブルは少ないほうが良いと思っています。
最近、軍事関係の問題がいっぱいある気がしますし、やはりこの国に生きる人間としては心配事はこれ以上増えないでいただきたいです。

一番いいのは軍事なんて概念が必要なくなることなんですけれどもね。

生活必需品などの消費税率を軽減させる?

『生活必需品などの消費税率を低く抑える軽減税率を巡り、自民、公明両党がつばぜり合いを演じている。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140814-00050017-yom-pol》

消費税が上がってから、本当に値段の高い家電製品を購入しづらいと感じるようになりました。

幸いにもまだ大型家電を購入するような状況にはなっていないんですが、税率8パーセントは本当に大きいと感じます。
100円のものを購入するときはあまり感じませんが、1万円を超えると本当に大きいと感じてくるようになります。

そろそろパソコンなんかも新調したいとおもっているのですが、5万超えると消費税分が恐ろしいことになるので、二の足踏んでる状況です。

それでもガタがきているので買い換えなければいけないのですが…。辛いものです。
クレカなどあれば分割支払いできるのですが、ちょっと持ってないのできついです。
取得しようにも職業的にも厳しさを感じます。

まあパソコンは生活必需ではないと思うので微妙ですが、引用したニュースの通り、生活必需品だけでも軽減税率してくれたら、とても助かります。

このままだと消費税率10パーセントなんてムリだと思います。