夏目漱石の手紙発見される

『文豪・夏目漱石(本名・金之助=1867~1916)の未発表の俳句を添えた手紙が和歌山市内の旧家で見つかった。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140610-00000009-asahi-soci》

貴重なものが発見されたそうですね。 夏目漱石が同僚だった教師に宛てた当時の手紙だそうです。 端から端まで探せば、まだまだ様々な著名人の歴史的なものが見つかりそうです。

年数が経てば経つほど状態が悪くなってしまうものもあるかもしれませんので、ひとつでも多く見つかると良いですね。

今回は夏目漱石ですが、実は夏目漱石の作品は小説しか知らないのですよね。 俳句まで書ける人だったのは知りませんでした。 あと、本名もいまさら知りました。金之助さんというのですね。苗字は夏目のままでしょうか?

引用元記事の方に実際の手紙と、俳句が載っているのですが、ちょっと読めませんね。100年違うと文字の書き方もこんなに違うものなのかと驚いてしまいます。

しかしここまでの歴史的著名人になると、日記から手紙まで見つかったものは全てプライベート大公開ですから、これから有名になって歴史的な人間になろうと思っている方は、日記にヘンなことばかり書いているとネタにされてしまいますよ。気をつけましょう。

横須賀の護衛艦カレー、NO.1決定

『海上自衛隊横須賀地方総監部(神奈川県横須賀市)で19日開かれた、艦船や部隊の調理員が作るカレーライスの味を競うイベント「護衛艦カレーナンバー1グランプリ in よこすか」で、来場者による投票の結果、横須賀潜水艦部隊の「濃厚味わいカレー」が1位に輝いた。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140419-00000069-mai-soci》

元々のカレーはインド発祥ですが、カレーといえば?で思いつく日本のカレーは、海軍が発祥だと聞いたことがあります。

今回の横須賀は旧海軍が使っていた軍港のあった町ですから、こんなカレーグランプリが開催されるのも自然なことだというわけです。

ところでこのグランプリ、いつから開催されているのでしょうか。
少し調べてみましたが、今年のグランプリは第二回目だったようです。

まだ歴史が浅いのですね。この先、何十回と繰り返して、伝統行事みたいになるのでしょうか。
それともそんなに長く続ける予定はないのでしょうか。

海上自衛隊の方が作ったカレーの味を競うのは面白いことだと思いますので、これからも開催して欲しいものです。

このグランプリではカレーの他に、艦艇も一般公開されるようですね。
今回公開されたのは護衛艦こんごう、護衛艦あしがらの二隻だったようです。
最近流行っているゲーム、艦隊コレクションのファンはちょっと気になるのではないでしょうか?

来年も要チェックです。