寒い冬、入浴後のヒートショックに注意

『自宅で入浴する際の事故が高齢者を中心に増えている。主な原因は温度の急激な変化により血圧が大きく変動して起きる健康被害「ヒートショック」だ。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141224-00000019-mai-soci》

冬になり、本格的な寒さが始まっており、地域によっては分厚いコートが必要不可欠な状況になりました。そんな中、心配になってくるのが引用元ニュースでも言われているヒートショックです。

この時期の高齢者の死因のそれなりの数を占めるヒートショックは、どこの過程でも起きる可能性のある恐ろしいものですから、十分に注意しなければいけません。

若い健康な身体でも浴室と脱衣所の温度差に辛い思いをすることが多いので、それが高齢者の身体だったとしたら…と考えるとヒートショックの恐ろしさはよくわかるでしょう。

ヒートショックを防ぐためには、脱衣所にも暖房設備を設置するなどの工夫が必要になると思われます。

また、その他に、寝る前に暖房を消すという家庭も気をつけなければいけないことがあります。
布団の中は温かいですが、室内の暖房がOFFで温度差が低い場合、入浴後と同様のことが起きるかもしれません。
室内の温度は適温に保っておくようにすると良いでしょう。

E型肝炎患者倍増…原因は豚肉の生食か

『牛レバ刺しの飲食店での提供を禁止した平成24年を境に、E型肝炎患者が倍増していることが25日、国立感染症研究所の感染症発生動向調査で分かった。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141226-00000083-san-soci》

豚の生食に関する事件についてテレビでニュースが放送されることも多いのでそのたびに思うのですが、豚肉はよく加熱してから食すべきだと知らないのでしょうか。

確かに日本で食べられる豚肉の多くは生で食べても問題がないほど衛生に気を使われていて、危険視される寄生虫なども殆どいないという状態らしいのですが、管理方法に問題があった場合などはその限りではありません。

実際に豚の生食が原因のE型肝炎患者が倍増していることから、その危険性は今更説明せずとも理解できるでしょう。

そもそも何故豚を生で食べてはいけないのかというと、先述したように、寄生虫云々のほか、今回患者が急増しているようなウイルスに感染してしまっている可能性もあるからです。

100%安全ではない以上、食べないようにするのが賢い食べ方です。十分な加熱をすれば全く問題はなくなるので…。

生で食べるということ自体は悪いことではありませんが、料理店を信用しすぎているか、国産なら大丈夫だろうと油断してしまうのが感染の主な原因になる気もするので、気をつけて食べましょう。

iphoneやその他携帯を他者に渡すときの注意

『友人に写真を見せたいとか、かかってきた電話を知人にiPhoneごと回すとか、自分の手からiPhoneが離れることはよくありますよね。』
《引用元:yahooニュース/URL http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141230-00000002-asciiplus-sci》

iphoneに限らず基本的に全ての携帯電話に言えることですが、勝手に人の携帯の隅から隅までを勝手に見る人はそうそういないと思われます。

特に冒頭で紹介されているように、電話がかかってきた時にそのまま回すときなど、通常電話を終えてそのまま弄り始めるということはないでしょう。

特に閲覧履歴程度や、ブックマーク、写真などは操作ミスなどでも簡単に開けてしまう部分なので置いておくとして、そのほかの部分を穿り返すような、勝手にそれこそ弄り倒すというのは常識に欠けているとしか思えません。

そういう人には携帯電話を渡して目を離してはいけませんね。というより渡してはいけません。
携帯電話はいまや個人情報の塊ですから、そういった常識が一般的なものからズレている方が勝手に触ると恐ろしいことになってしまうかもしれません。

しかし、こちらの意思とは関係なく見られてしまうこともありますよね。
そういった場合を考えるなら、引用元記事に書かれているような方法を用いて、バレてはマズイことの隠蔽を図ると良いでしょう。

水素自動車はガラカー化してしまうのか?

『 トヨタ自動車は12月15日に世界で初めてとなる市販の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を発売する。』
《引用元:yahooニュース/URL http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141128-00010000-fsight-bus_all》

引用元には、水素で動く水素カーが発売されるということで、それに対しガラカー化するのではないかという懸念について書かれています。
ガラカー、つまりガラパゴス化した車ということです。日本でしか普及しない可能性が高いということです。

また、記事を書かれた方は水素のクリーンなエネルギーというイメージに対し否定的です。確かに水素を発生させるのにも相応のエネルギーが必要ですね。

空気中の成分をエネルギーにするというのであればクリーンといえるのかもしれませんが、現実的な話ではありません。
水素を発生させるのに石油などを使うというのであれば、あまり意味がない気がします。

それに、水素自動車は値段も高そうで、電気自動車のような立ち居地にもなりかねないのかもしれません。
お金に余裕がなければ、安い従来の自動車を使う、という人も多くなると思います。

特に昨今、消費税も増えて生活が楽になるばかりか苦しくなる一方です。
新しく発売される車が今後どうなっていくのか、じっくり見つめていきたいですね。

はやぶさ2、打ち上げ延期…予定は12月

『三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は28日、天候不順のため、種子島宇宙センター(鹿児島県)から30日に予定していた小惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げを延期すると発表した。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141128-00000035-mai-soci》

はやぶさ2の打ち上げ延期は残念ですが、仕方ないですね。

天候などが適していないのに無理にスケジュール通り決行して長旅の仇になってしまっては元も子もないですし、これから長い旅に出て、戻ってこないかもしれない可能性もあると思うので、せめて万全な状態で打ち上げてほしいと思います。

しかしはやぶさ2という名前はストレートでわかりやすくて良いですね。英語にするとhayabusa2ndとかになるのでしょうか。
こうして見るとかっこよさもあります。

はやぶさは少し前に話題にもなり、名前も広く親しまれていますし、何より後継機ですから、わかりやすい名前が優先して付けられたのでしょう。

ちなみに延期後のはやぶさ2打ち上げ予定日は12月1日の13時頃だそうです。

天候によってはまた延期になる可能性もありますが、打ち上げられた際はニュースで流れると思いますので、安心して打ち上げを待てます。

天候は予報できても100%ではないので、ばかりがその日にならないとわかりませんが、無事決行できることを願っています。

ロボットが接客、ネスカフェのコーヒーマシン売り場で…

『[東京 29日 ロイター] – スイスの食品大手ネスレ<NESN.VX>が展開する「ネスカフェ」ブランドの家庭用コーヒーマシン売り場で、ソフトバンク<9984.T>のヒト型ロボット「ペッパー(Pepper)」が接客することになった。』
《引用元:excite.ニュース/URL http://www.excite.co.jp/News/odd/Reuters_newsml_KBN0IJ0AZ.html 》

ロボットが接待というのはSFやらロボットが好きな人間にはたまらないものがありますね。

一昔前では夢のまた夢のような扱いだったかもしれませんが、本当に、過去描かれた未来予想図のようになりそうで、今からワクワクが隠しきれません。

それにしてこのペッパーちゃん、可愛い造型ですね。

ロボットというと無骨で機械然とした、がちがちのものを想像してしまいますが、曲線を多く使用したデザインだと小動物というか、マスコット的な可愛らしさがあって、とても良いと思います。
ちょっと宇宙人のグレイに似てる気がしないでもないですが、まあ、可愛いことに変わりありません。

是非、実物を拝んでみたいものですが、ちょっと辛いですね。
見に行った人の感想などを見て回ることにします。

しかしこれはロボット好きの方は注目すべきニュースですね。
今後もこのような試みを各地でしてみていただきたいです。

ロボットには沢山の夢とロマンが詰め込まれています。

減らないどころか増加傾向にある危険ドラッグの使用者

『酒やたばこをたしなむ国民が減る一方で、大麻や危険ドラッグの乱用が急速に広がっている実態が、厚生労働省研究班の調査で分かった。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140927-00000034-mai-soci》

脱法ドラッグが改名、よりストレートに危険性が伝わるような名前になったわけですが、相変わらず使用者は減っていないようですね。
これは、使用者がまた使用者を生んでいるという可能性も高いと思います。

酒やタバコを勧めるように、自分の良いと思ったものを、良い部分だけを強調して誘う、危険ドラッグだと知りながら、そこまで危険ではないと思い込み、使用して病み付きになってしまう…恐ろしいですね。

自分の意思をしっかり持てば、そのような誘惑を断ち切ることができると思うのですが、そうはいかない人も多いのでしょう。

人は誰しもが強いわけではありませんし、善良というわけではないので、特にそれを責めたりはしませんが、それでも、自分の命を投げるような真似はしてほしくないですね。

危険ドラッグ並びにその他の薬物も、人の一生を大きく変えてしまうものだと思っています。
自分、または他人、家族の…です。

理性を持ってやめることができないなら、強制的にわからせるほかありません。
薬物にとりつかれてしまった人々を、どうか救ってほしいものです。

蚊が感染源、恐るべきデング熱

『東京・代々木公園周辺以外で新たに3人がデング熱に感染していたと、厚生労働省が10日発表した。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140910-00000023-asahi-soci》

今、話題のデング熱についてですが、致死性は殆どない感染症であるということについては、不幸中の幸いだと思います。致死性の高い感染症だったとしたら、きっと想像する以上に恐ろしいことになっていたでしょう。

ツイッターなどでも冗談で言われているように、媒介している蚊を根絶やしにする、というようなことが起きそうです。蚊は絶滅しても問題ないとまで言われていますからね。

実際わかりませんが、虫好きとしては、絶滅させるのは避けられるなら避けていただきたいものです。伝染病を媒介する蚊は残念ながら、人間の身を守るために殺す必要はあると思いますが。

幸いにも特定のエリア外では媒介している蚊の存在は確認されていないみたいですが、このデング熱、なってしまうと激しい頭痛に襲われて、恐ろしい目にあってしまうらしいですね。

激しい頭痛というのがいまいち想像できないのですが、帯状疱疹が頭にできるより痛みがないのか、少し気になるところです。
なんにせよ、できれば感染はしたくない病気であることには、間違いありません。

400キロの機材、原発の燃料貯蔵プールに落とす

『東京電力は29日、福島第1原発3号機の燃料貯蔵プールのがれき撤去中、爆発で損傷した機器を誤ってプール内に落下させたと発表した。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140829-00000570-san-soci》

400キロの機材とはまた、スゴイものを落としてしまいましたね。落とした時に何も問題はなかったようで良かったです。
こういった事故では大怪我に繋がることもありますから、何もなかったのは本当に幸運だと思います。

ちなみに引用元ニュースサイトのコメント欄に何も問題がなかったということに対して疑心暗鬼な言葉が投げかけられていますが、疑ってたキリがないんじゃないでしょうか。

実際、ものひとつ落としただけで放射線量に変化が現れるというのはありえることなのでしょうか。

プールの水が溢れて零れて半分以上なくなってしまったというのなら理解できますが、問題がないと言われている以上、直接そこへ赴くか、作業員の方に問いかけるしか真実を足しけめる方法はないでしょう。

放射線やら放射能の関係はよくわからない主張をする方もいらっしゃいますので、情報はじっくり丁寧に集めていきたいですね。
それらしいことを言っていても間違いであるということはザラにあります。

ベネッセ情報流出、関係者の仕業と判明

『 通信教育大手ベネッセホールディングス(岡山市)の顧客情報漏えい問題で、グループ企業から顧客データベースの管理を再委託されていた保守管理会社の関係者が昨年、大量の顧客情報をダウンロードした履歴がベネッセのサーバーに残されていたことが関係者への取材でわかった。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140711-00000052-mai-soci》

ベネッセの流出事件ですが、更に新しいことがわかったようです。
どうやらベネッセのグループで大切な顧客情報の管理をお願いされていた管理会社の関係者が、情報をダウンロードし、不正に売却したということらしいです。

こういった個人情報の売買は普通のことのようですが、こういう人が勝手に許可されていない情報を売却し、その情報を悪い情報ばかり発信する会社に購入されたりしたら、と考えると恐ろしくなりますね。

今回は個人が恐らくはお金のために、許可されていない情報を不特定多数の人が購入できる名簿業者に売られたのですから、私たちに防ぎようはありません。

しかし、こんなことをして、バレないだろうと思っていたのでしょうか。
だとしたら、売却した関係者の方は考えが甘すぎると言わざるをえません。
世の中の犯罪者の殆どが捕まっていることに気づかなかったのでしょうか。

そのお金がなければ死んでしまう、というのならまだ同情の余地はありますが、そうでないのならありません。
きっちり絞られれば良いと思います。