非常に珍しい『ベンテンウオ』が水揚げされる

『富山市沖の富山湾で28日朝、全国的にも非常に珍しい魚「ベンテンウオ」が水揚げされた。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20141128-00000044-nnn-soci》

珍しいと書かれている通り、確かに生では見たことがない魚です。
図鑑をよく見る人なら姿だけは知っているというものなのでしょうか。私は名前くらいしか聞いたことがありません。

珍しいとのことで、生態などもあまり詳しくわかっていないらしく、興味深い魚です。

基本的に名前が付けられている動植物は生態などが明らかにされているというイメージが強いので、まだ明らかにされていないという生き物を知るとワクワクしますね。

何を食べるなどはわかっているのかもしれませんが、どこで生まれてどこに生息しているのかなどがわかっていないのかもしれません。
何年も見つからないくらい珍しい魚ですし…。

もしかしたら知らないだけで、生態のわからない生き物というのはたくさんいるのかもしれません。
特に食用にしていないなど、一般に身近ではないものだと多そうです。

まだ名前のない生き物も恐らくはいるでしょう。

人間も人間のことを完璧に理解しているわけではありませんし、やはり世界は不思議に満ちていますね。

クマが恐ろしい季節・岐阜県でも被害者

『岐阜県で人がクマに襲われ死亡するなど、人里にクマが出没し、人が被害に遭う事故が今年、急増している。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141114-00000056-mai-soci》

 

クマは怖いです。クマの恐ろしさは過去にヒグマの件で語っている記憶がありますが、ヒグマより小型で人を殺傷してしまうことがたまにしかない程度のツキノワグマさえ、丸腰の人間にとっては脅威です。

最近岐阜県の人を殺傷したクマもツキノワグマですね。
腕っ節の強い人なら素手でも撃退できるかもしれませんが、お年寄りだと辛いでしょう。

人里に下りても大丈夫で、美味しい餌を見つけてしまったクマは必ず何度も訪れます。例えどんぐりが不足していなくても、楽に手に入り、安全に美味しいものが食べられるからといってわざわざ人里に下りてくるクマもいます。

そうしているうちに人を恐れなくなってしまったクマが一番恐ろしいですが、そうしたクマは殺してしまうか、徹底的に恐怖を植えつけて山に帰すほかありません。

人里に現れた場合、現れたのはあちらなので逃げるか、武器で追い払うかの二択しかありませんが、クマの出るような場所に行かない、という人間側の注意も最低限、必要ですね。

仙石みなみさん、サンゴを取ったことを謝罪

『7人組アイドルグループ、アップアップガールズ(仮)の仙石みなみ(23)が9日に自身のブログで、沖縄でサンゴを拾ったことを報告したところ、「禁止行為だ」との指摘が寄せられた。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141110-00000072-nksports-ent》

私も過去に沖縄に行った時、現地で働いている人にお土産として砂浜で拾ったサンゴのかけらやら砂やらをいただきましたが、禁止されていることを現地の人ですら知らなかったのでしょうか?

と思って調べていると、サンゴ拾ってくる=禁止行為には必ずしもならないということです。基本的に原型を失っているサンゴの死骸は問題ないらしいです。

そのことから、このアイドルさんの行為は、問題ないようです。普通の観光客が行くような砂浜で拾えるのは原型を留めていない小さなカケラくらいでしょうから、指摘される内容ではなかったということです。

指摘した人は間違った知識と知らずに、本気で彼女のことを心配する気持ちで書いたのか、重箱の隅を叩きたかっただけなのかはわかりませんが、とりあえず謝罪をなさったみたいなので、それほど炎上大騒ぎにならなくてよかったと思います。

今はサンゴ云々で騒ぎにもなっていますし、謝罪をしたのは良い判断だと思います。

超大型台風19号の猛威、爪跡

『大型の台風19号は13日、鹿児島県に上陸した後、九州や四国を通過し、大阪府に再上陸した。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141014-00000027-mai-soci》

台風19号は14日、温帯低気圧に変わったそうですが、各地に大きな爪跡を残していきましたね。特に沖縄は停電が酷い状態だったそうで、この季節に停電は恐ろしいなと感じました。

テレビのニュースでも目にしましたが、台風直撃の大阪の状態も酷く、道が川のようになっていて愕然としました。

どこかで恐ろしいレベルの台風である、という情報を見たのですが、とりあえず温帯低気圧に変わってくれて良かったと思います。

19号の台風の目を宇宙から撮った写真はとても奇麗で、芸術品のようでしたが、まさにあの美しさの下は地獄絵図という、なんともいえない感覚になりました。

しかし、聞くところによると、まあ台風20号が上陸予定だとかで、怒涛の台風ラッシュに恐ろしさを感じます…といいたいところですが、20号接近というのはデマだったようです。

ツイッターの方で拡散されていましたが、作り物だったみたいで安心しました。

気象庁方でも特に何もないですし……だからといって、20号が今後現れる可能性がないとも言えないのですが、しばらく来ない、と信じたいですね。

御嶽山は噴火の前兆があった?今後は…

『御嶽山(おんたけさん)(3067メートル)が噴火する数日前から、噴煙が普段と違う様子だったことが、現地の登山ガイドらへの取材で分かった。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141013-00000017-mai-soci》

台風が過ぎ去った後、ようやく捜索再開された御嶽山ですが、捜索したという印が全て台風の影響でなくなってしまい、振り出しに戻ってしまったようです。
これ以上噴火する危険性がないと良いのですが、早く残りの行方不明者を発見できることを願っています。

引用元記事では、噴火の前兆はあった、というようなことが書かれています。実際登山している人の感覚で、いつもと違う部分があったとのことで、それが噴火の前兆だったかもしれないということです。

記事にも書かれていますが、山を熟知した登山者と連携する、ということが今後必要になってくるのかもしれません。
今回のような災害に巻き込まれる人を減らすためにも、それは大切なことだと考えます。

山はどんなに穏やかに見えても、ちょっとしたことで人の命を奪う恐ろしい場所ですから、登山する場合は噴火、またはそれ以外の事故のの危険性も十分に考えて行く必要もあるのかもしれません。

最近、富士山などでは子連れの登山者が多いようですが、子供を連れて行く場合は特にです。
山は少しのミスで命を取られかねない場所だと聞きます。
例え子供であっても、容赦はありません。

御嶽山の噴火で空の便にも大きな影響が……

『27日11:53頃に発生した御嶽山の噴火に伴い、一部の航空会社では飛行経路を変更する可能性があり、一部の便に若干の遅れが見込まれます。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140927-00000011-rescuenow-soci》

御嶽山の噴火、いろいろと影響が出ていますね。
恥ずかしながらこのニュースが流れるまで、読み方がわかりませんでした。

それはさておき、空にまで影響が出てしまうものなのですね…。災害があった時は空に逃げれば!と幻想を抱いていたのですが、地球上に本当に100パーセント安全な場所なんて無いということでしょう。
今回は別にそういう意味の記事ではありませんが…。

航空関連以外でも、噴火のニュースで放送もされている登山者の救助に関しても気になるのですが、火山灰についても注目すべきだと感じました。

普通の砂と違って鋭いガラスのようなものも細かに含まれている火山の灰なので、目に入ったりすると病院に行かなければいけない事態に陥る可能性があります。
特にコンタクトレンズを着用している人は注意が必要なようです。
私の生活してる地域には影響は全くないのですが、周辺地域にお住まいの方は十分に注意してください。
今後しばらく、コンタクトの方は外して、眼鏡にかえて外出した方が良さそうです。

 

台風17号、いつもどおり接近中

『大型の台風17号は、あす28日にかけて小笠原諸島に最も接近するため、暴風や高波、大雨などに警戒が必要だ。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140927-00010002-wmap-soci》

一ヶ月に一回くらいの頻度で台風さんが日本に来訪しているように錯覚するくらい、台風が来ますね。
今まで意識していなかったから、というだけでしょうか。
台風もそうですが、最近は風も雨も激しく、天気が不安な日が続きました。

つい先日も、北海道の各地で雷雨が酷く、1分に一回雷鳴が鳴り響くという恐怖を体験したばかりなので、天気が崩れるのは本当にカンベンしていただきたいものです。

日本に住んでいる以上、台風とは切ってもきれない関係なのですが…。

ところで昔から不思議に思っていたのですが、台風○号という○に入る数字、どういう決め方をしているのでしょうか?
昔はてっきり台風が来た順番で名前がつけられているのだと思っていたのですが…。

思い切って、台風に固有名をつけるべきではないでしょうか。
花子とか太郎とか…。
海外でも竜巻に名前がつけられたりもしますし、長く付き合っていかなければいけない相手ですから、名前をつけて愛着をわかせるようにするというのも良いかもしれません。

12日、稀な激しい雷雨に襲われた北海道

『北海道西部近くに停滞する低気圧や上空に入った寒気の影響で、北海道南西部では12日も局地的に非常に激しい雨が降った。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140912-00000019-jij-soci》

結構前の出来事ですが、まるで昨日のことのように覚えています。私は深夜に起きて仕事をしている人間なのですが、私の住んでいる地域では22時頃~朝の8時頃まで、雨よりも、とにかく雷鳴がスゴかったです。

1分おきに光って近くに落ちたりしてゴロゴロ鳴るものですから、いつ家に直撃するか気が気じゃありませんでした。

家に雷が落ちるとパソコンが火を噴くから雷が酷ければコンセントを抜くべき、という恐ろしい文言も見かけたのですが、パソコンを落とすわけにもいかず、いつ落ちるかとヒヤヒヤしながら作業しておりました。
こういった時、あるのかわかりませんが、デスクトップ用のバッテリーとか、ノートパソコンが役に立つのですよね。

最終的に家には直撃しなかったのですが、雷による地響きが恐ろしかったです。
予報では翌日も危険だという話だったのですが、たまにゴロゴロ遠くで言っているだけで、良い天気になっておりました。ちょうどその日は外に出なければいけない日だったので、ラッキーです。

蚊が感染源、恐るべきデング熱

『東京・代々木公園周辺以外で新たに3人がデング熱に感染していたと、厚生労働省が10日発表した。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140910-00000023-asahi-soci》

今、話題のデング熱についてですが、致死性は殆どない感染症であるということについては、不幸中の幸いだと思います。致死性の高い感染症だったとしたら、きっと想像する以上に恐ろしいことになっていたでしょう。

ツイッターなどでも冗談で言われているように、媒介している蚊を根絶やしにする、というようなことが起きそうです。蚊は絶滅しても問題ないとまで言われていますからね。

実際わかりませんが、虫好きとしては、絶滅させるのは避けられるなら避けていただきたいものです。伝染病を媒介する蚊は残念ながら、人間の身を守るために殺す必要はあると思いますが。

幸いにも特定のエリア外では媒介している蚊の存在は確認されていないみたいですが、このデング熱、なってしまうと激しい頭痛に襲われて、恐ろしい目にあってしまうらしいですね。

激しい頭痛というのがいまいち想像できないのですが、帯状疱疹が頭にできるより痛みがないのか、少し気になるところです。
なんにせよ、できれば感染はしたくない病気であることには、間違いありません。

気象庁が特別警報をメールで配信すると発表

『気象庁が昨年8月から警報の上に導入した特別警報について、同庁は28日、来年秋をめどに携帯電話各社に情報を直接配信すると発表した。』
《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140828-00000120-jij-soci》

今も地震速報などは音声で通知されたりしますが、OFFだと鳴らないのですね。

それはさておき、新たに緊急の情報がメールでも届くようになるということでしょうか。
テレビを見る人が減っても携帯電話を手放す人は少ない今、形態メールでの危険呼びかけは結構効果のあることだと思います。

例えば電車の中、誰か1人は携帯のメールを確認するでしょう。避難が必要な時、1人でも多くの人がその状態を知るのは重要なことです。

しかし注意しなければいけないのは、詐欺です。
これに乗じて詐欺メールを作成しようとする輩が現れかねないということです。

彼らに道徳も人間らしい心も期待できません。
緊急情報のメール送信開始前に、何度かメールを送っていただけるとわかりやすくて良いですね。
細かい部分はこれから明らかになっていくことでしょう。

特別なアドレスにしていただけると、通知が来た時だけ音が出るようになど細かい設定ができそうなので、そういった部分は強く希望したいです。