消費税が上がり、銭湯も値上げ

『4月1日からの消費増税をにらみ、全国47都道府県の少なくとも約半数で銭湯の入浴料金を値上げする動きが出ている。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140324-00000009-mai-soci》

銭湯は近所にいくつかあるので、最近使うようになったのですが、消費税アップによってこういったことにもなるようです。

シャワーだけじゃあ疲れが蓄積されたままのような気がするので、熱い湯船に入りたいときは銭湯をよく利用します。税率があがって、料金値上げの状態になっても、通うのはやめないつもりですが、世の中の銭湯に、どれ位そういった客がいるのか、という話です。

銭湯のお湯が気に入っている、雰囲気が好きだという方は、多少値上がりしてもいなくはならないと思いますが、

家で入るより銭湯が安い、という理由で銭湯を選択している方にとっては、これだけで銭湯を利用しない選択肢を選ぶ理由になりますよね。

銭湯がなくなってしまうのは少しきついので、なるだけ利用しようと思いますが、この度の消費税アップも、本当に慌しい感じです。

上がってからしばらくすれば、8%が普通の状態になると思いますが、それまではまだ、この慌しい雰囲気は続きそうです。

消費税率アップに伴い、HDDも売れる

『ZOA秋葉原本店は「PCパーツの中でも消費物という側面があって、ストックしておいても悪くならないということで、HDDをまとめ買いする人はかなり多いです」という。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140321-00000008-zdn_pc-sci》

消費税率アップに伴って、家電、その他電化製品、トイレットペーパー、その他保存ができる物をガバッと纏め買いする人は、今の時期は特に多くなっているようです。

それはパソコンの部品というマニアックな分野でも例外ではなく、パソコンを自分で整備、作成できる人は、パーツも一気買いしてしまうようです。

このニュースでは特にHDD(パソコンの要)の需要が大爆発ということが書かれています。

確かに、パソコンのパーツの中ではHDDは一番壊れやすく、外付けにできる機器を持っている人にとっては大容量の優秀なUSBメモリーになると思われますので、高くなる前に、と買い求める人の気持ちはわかります。

しかし、まとめて買うほど必要なものでもない気がしますが、ヘビーに使用する人にとっては、重大なことなのでしょう。

私もあとひとつぐらいはHDDが欲しいと思っておりますので、こういった品物で買うものがある方は、高くなる前に買ったほうが良いですね。

シェアハウス、規制緩和に向かう

『国土交通省は、事業者が管理して複数人を住まわせる「シェアハウス」などに適用する「寄宿舎」の規制緩和に乗り出す方針を固めた。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140324-00000053-mai-soci》

寄宿舎制度の規制緩和というニュースです。関係者にとっては朗報ですね。

シェアハウスは時々ニュース番組にも取り上げられていますが、問題のある状態のシェアハウス?というようなものも多く、時には警察が介入していたりすることもあります。

しかしそういったシェアハウスでも、なければ困るという人が、今の世の中には沢山いますし、安易に規制をしてもダメなのでしょう。

一言にシェアハウスと言っても、しっかりとした所もありますし、引用元にも書かれているように、倉庫やそういった建物をシェアハウスとして使っている、粗悪な所もあります。

規制が緩和されるのは、利用者と事業者にとっては喜ばしいことだと思いますが、同時に、その場所を貸す事業者も、安全管理などは徹底して、整備して言って欲しいものですね。

これから先、アパートなどよりも、どんどんシェアハウスの需要は伸びてくると思われますので、良い方向に物事が動いて欲しいと思います。

安心安全であるのが、一番ですからね。

複数世帯の郵便受けに大金が投函される

『奈良県生駒市のマンションで21日までに、複数世帯の郵便受けや新聞受けに現金が入れられているのが見つかった。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140322-00000017-sph-soci&pos=4》

なにやらよくわからない事件です。

見れば、かなりの大金をポストに投函されていたという話ですが、いれられた住民の方は、殆ど受け取り拒否をしているようです。

確かに、どんな意図があっていれられたのか、意味のわからない大金を、入れた人が見つからなければ拾い主のものになると言われても、貰いたくはないと思います。
私はちょっと欲しいです。ありがたくいただきたいです。

しかし、メッセージも何も添えられていないというのが、気持ち悪さの一番の原因ですね。
ときどき、こうした事件が起こりますが、お金をいれた人が発見された場合、逮捕とかされてしまうんでしょうか?

特に即刻逮捕されるような犯罪行為に値することをしている訳ではないと思いますので(お金を配るという点では)、注意くらいで終わると思いますが、どんな人がこういった行いをするのか、少し知りたい気もします。

正直な気持ち、ちょっと羨ましい事件ですね。
このお金が、変なところから出た、イケナイお金ではないという場合に限り、ですが…。

遺品整理の業者増加、それに伴い悪質なものも

『単身世帯の高齢者の増加に伴い、遺品整理の仕事が急増している。依頼者のため親身に活動する企業がある一方、悪質な業者によるトラブルも後を絶たず、業界の健全化を進める動きもある。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140322-00000057-jij-soci》

例えばこのニュースで取り上げられている業種以外にも、残念なことに悪質な業者というものは存在していて、そういう悪質な人々は、自分たちを頼る人々を餌に、今この瞬間、そういう人たちから搾り取れそうなものは搾り取っているのでしょう。

しかしその裏で、真摯に誠実に請け負った仕事を行うという優良な業者も数多く居ます。

悪質な業者は消えてはまた生まれ、その繰り返しなので、残念ながら完全に淘汰することは難しいのかもしれません。

どんなに健全化を目指しても、あらゆる隙間を縫って生まれるのが、こういった悪質な業者です。

私はしばらくは遺品整理業者のお世話にはならなさそうですが、将来はどうなるかわからないので、こういった業者の存在を知っておくことは大切なことです。

今はまだ関係ないかもしれませんが、いつか利用することになった時に、騙されないように、正しい優良な業者を利用するために、対策と知識を蓄えておかなければいけませんね。

ブラック企業、改善しなければ社名晒す新制度

『 厚生労働省は、社員の事故防止や健康維持の取り組みが不十分なのに対策を取らず、重大な労災を繰り返した企業に対して改善を指示し、従わなければ企業名を公表する制度を新たに作る。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140322-00000553-yom-soci》

ブラック企業的なことを続けるなら会社の名前を晒し首にするぞ、ということらしいです。

人を人とも思わないような悪辣極まりない企業は晒されて、悪名を世間に轟かせてしまえば良いと思います。

大中小問わず、真っ黒な企業はそこかしこに存在しますから、この新制度、早めに作られて欲しいものですね。

家族もそんな悪辣な会社に勤めているのですが、年齢的な問題もあり、もう定年までそこで働かなければいけないような状態で、その酷さは、聞くだけではらわたが煮えくり返るものです。

早々にそういった状態を改めるようにしなければ、そう遠くない未来に破滅してしまいそうなものですが、そんな企業は今すぐにでも破滅していただきたいものです。

今すぐ破滅した場合、働く従業員の方々が大変なことになるのですが、まあ飽くまで無責任なもしも話なので、本当にそうなるとは思っていません。

今回の新制度で、悪辣な企業がひとつでも減れば良いなと、心底思います。

アンドロイド版LINE、有料の通話サービス開始

『17日、Android版の「LINE」で、有料通話サービス「LINE電話」が利用できるようになった。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140317-00000081-impress-sci》

アンドロイド端末でのLINEのサービスが広がったというニュースです。
LINEアプリはよくゲームで使用しています。
年齢層としては、中高生に人気そうなイメージがあります。

電話サービスは、引用元記事にも上げられていますが、スカイプの有料サービスなどとイメージは近いでしょうか。

私はiphoneユーザーなのでアンドロイド携帯とは無縁なのですが、iphoneアプリの中では、050plus辺りが有名でしょう。

LINE電話は近日中にiphone版も公開されるようですが、人気のある上記サービスとの戦いになりそうですね。

LINEは確かにユーザー数は多いですが、ずいぶん前から存在する050plusを追い抜くことができるのでしょうか?

品質、料金のお得さ、気にする人は気にするアプリのデザインなど、比較してみるとどのような感じなのか、公開されたら後々わかることだと思いますが、今後の評価に注目です。

まずは様子見をして、良さそうだったら、使ってみようかと思います。
携帯の料金はなるべくお得にしたいですからね。

注目されるベビーシッター紹介サイト

『2014年3月18日、ベビーシッターの物袋勇治容疑者(26)を死体遺棄の疑いで逮捕した。物袋容疑者は容疑を否認しているという。事件の真相解明が待たれる中、男児の母親も利用していたベビーシッターの紹介・マッチングサイトが注目を集めている。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140318-00000006-jct-soci》

本日もお昼のニュースはベビーシッター事件のことで持ちきりでした。
インターネットなどでもこの事件についての反応を調べてみましたが、予想以上に、母親を苛む意見が多かったです。

今回の事件は、ベビーシッターの体制がしっかり整っていないから起きたことであり、その責任は預けた母親のみに向けられるものではないと考えています。

確かに母親は、少し無用心だったのかもしれません。
しかし、勝手な憶測に基づいた意見で子供を失った親を更に責めたてるのは、どうなのでしょう。

責め立てられるのは罪を犯した犯人だけで十分です。

想像してみてください。
事件とは無関係な人間が、「この事件はお前にも落ち度があったから、お前も悪い」と、責め立てながら被害者を思い切り蹴り飛ばしているのと同じ行為です。

言って良いこと、悪いこともよく考えず、同じようなことを叫ぶ人が大勢いるからと、自分も乗っかって大きな声を出しているのではないですか。

少し感情的な意見になってしまいましたが、どうしてこんな事件が起きてしまったのか、もっとしっかり考えるべきだと考えます。

大学生の内定率が前の年よりアップ

『今春卒業予定の大学生の就職内定率(2月1日現在)は、前年同期比1.2ポイント増の82.9%だったことが18日、文部科学、厚生労働両省の調査で分かった。過去最低だった2011年2月の77.4%から5.5ポイント改善し、3年連続で前年を上回った。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140318-00000048-mai-soci》

改善したのは喜ばしいことなのですが、就職ができたとして、三年以内の離職率はどれくらいなのでしょうか。

はっきり言うと、選ばなければ就職は可能です。
私は高卒でしたが、高卒を選んだ同級生は皆、内定を得ていました。
大卒より待遇諸々が悪い高卒ですが、それでも就職に失敗している人はいませんでした。
その後のことは知りませんが…。

就職が厳しいとされていた時期の話です。
私は少し問題アリだったので就職の道は選びませんでしたが、そんな私でも、恐らくは仕事はあったでしょう、選ばなければですが。

働かなければいけない、という強迫観念の基、なんでもいいから仕事を、と向いていない仕事に就いたとして、それで身も心も壊してしまえばまったく意味がありません。

それで仕事をやめてしまえばどうなるか、よほど才能があり、幸運な人でなければ、就職を選ばなかった私と同じところに並ぶことになるでしょう。

就職は選んでするべきだと考えます。
選んだ末、何百社も受けなければいけないのはとてもつらいと思います。
しかし、諦めずに、妥協は最小限に抑えて、就職していただきたいものです。

 

埼玉県の自称ベビーシッターの男、逮捕

『埼玉県富士見市のマンションで横浜市磯子区の山田龍琥(りく)ちゃん(2)の遺体が見つかった事件で、神奈川県警は18日、このマンションに住む自称ベビーシッター物袋(もって)勇治容疑者(26)を死体遺棄容疑で逮捕した。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140318-00000458-yom-soci》

ベビーシッターの男が、死体遺棄の容疑で逮捕されました。
ニュースの情報を見る限り、この男は預かった子どもが亡くなってしまったのを、ただ放置していただけではないと思われるのですが、これから先の事情聴取で明らかになるでしょう。

亡くなった男の子の身体には無数の新しいアザ、口には圧迫痕があったとのことですから、何もしていないというのは嘘でしょう。
本格的なベビーシッターになる勉強中だったという話ですが、この男にはベビーシッターになる資格はありません。この事件を起こしていなかったとしてもです。

シッターズネットというサイト運営者だったらしいのですが、同名サイトがありますので注意が必要です。
その同名サイトは現在、簡単に言えば巻き添えを食らって利用不可能な状態になっています。迷惑な話です。

この男は恐らく、わざと既存のベビーシッターマッチングのサイトと名前を被らせたのでしょう。名前を被らせることで、利用者を勘違いさせる狙いがあったのではないかと思います。

悪質です。

今後、いろいろと詳しくわかると思いますので、しばらくニュースからは目を離せません。