2016年から、8月11日に新たな祝日・山の日が加えられる

『2016年から8月11日を「山の日」に定める改正祝日法が23日の参院本会議で、与党と民主党などの賛成多数で可決、成立した。8月の祝日は初めて。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140523-00000073-jij-pol》

私もずっと思っていました、海の日があるのにどうして山の日がないのだろうか、と。

でもそれを言うなら空の日もないですね。あと、川の日、平原の日…いえ、変な事はあまり書かないでおきます。

めでたく8月11日は山の日に制定されたわけですが、山の日なのに、みんな海に行きそうですね。私もきっと海に行きます。
海の方が手軽ですし、山に行って羆と鉢合わせしたくないですしね。

始まるのは16年からみたいですが、この日は学校に通っている場合、夏休み真っ只中でしょうか。
ちょっと残念ではありますね。

しかしこうして新しく祝日が決まるのはなんだかおめでたいと思います。
山の日を願っていた人たちは、やっと念願かないましたね。おめでとうございます。

羆が出てくるので行きたくないと先述しましたが、山は決して嫌いなわけではないので、いつか山の日に、山の方にある温泉にでも遊びに行こうかと思います。

せっかく祝日が新しくできるのですからね。

AKBメンバーと警備員が大怪我をした刃物振り回し事件

『岩手県滝沢市で開かれたアイドルグループAKB48の握手会で、メンバーら3人が切り付けられて負傷した事件で…(省略)』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140526-00000091-jij-soci》

AKB48のメンバーらが刺される、というニュースを最初に見たのはネットだったので、また悪質なイタズラ情報か、と思ったのですが、本当だと知り愕然としました。

厳密には刺されたのではなく切られた、ですが、まあ最初は情報がしっかり入っていなかったようなので、仕方ないですね。

AKB48の握手会は、メンバーとファンが直接触れ合える貴重な機会ですが、こういった危険性も孕んでいたんですよね。

いえ、AKBの握手会だけではありません。こういった人が沢山集まる場所は、いつでもこういう危険なことが起きるかもしれないのですよね。

この犯人は恐らく、誰でも良かったという発言からして、たまたまAKBの握手会会場に沢山の人が集まるから選んだだけなのでしょう。
こういう不埒な事件を防ぐには、どうしたら良かったのでしょうか。

手荷物検査を徹底させるか、金属探知機を設置するくらいしか思い浮かびません。

こういうイベントは利用者と主催者側の信頼関係というか、おかしなことはしない、とある程度利用者を信じているから実現できていることだと思うのですが、こんな事件が起きてしまっては、この先の握手会も警戒して行わなければいけなくなるでしょう。
AKB以外にも影響はあると思います。

この犯人は、重大なことをしてしまいましたね。

ASKA容疑者、逮捕から一週間以上経過

『ASKA容疑者らが逮捕されてから、24日で1週間。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140523-00000596-san-soci》

衝撃的な事件が相次いでいて、ASKA容疑者の逮捕をわすれてしまいそうになりましたが、これも本当に衝撃的でした。

正直、あまり興味のあるジャンルの音楽ではなかったため顔はわからなかったのですが、歌だけは知っていましたし、かなり人気でしたよね、国民的に。

ファンの数も膨大で、このニュースを聞いて、信じたくないと思う人も多いでしょうね。
素晴らしい歌を世に送り出して、その末が覚せい剤使用による逮捕です。

人間、どうなってしまうのかわかりませんね。
きっと抱えきれないほどの悩みを抱えていたのだと思います。
ここまで人気でしたら、よほど強靭な精神を持っていない限り、悩み過ぎて身体までおかしくなってしまうのでしょう。

その結果、そういうものから解放されるために薬物に手を出してしまった、のでしょうか。

どんな理由であれ、覚せい剤のような薬は使ってはいけないものです。いずれは自分も壊し、周囲の人も徐々に影響が出てきます。

むしろ取り返しのつかなくなる前に捕まって良かったのではないかと思います。
しっかり薬への依存を断ち切っていただきたいですね。

准看護師の女性の遺体発見の容疑者について

『大阪市西成区の准看護師、岡田里香さん(29)の遺体が東京で見つかった事件で、中国・上海に出国した元同級生の日系ブラジル人の女(29)の帰国便がキャンセルされたことが関係者への取材で分かった。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140526-00000050-mai-soci》

先日からニュースでも報道されていますが、最近は物騒な事件が多いですね。

大きなニュースがニュース番組の殆どを占めていて、もうあまり報道されていませんが、この間起きた、高齢の男性の遺体がばらばらにされて物置にいれられていた、という事件も恐ろしいな、と感じたばかりです。

行方不明になってから三ヶ月ほど経つということですが、勤務先だった病院は、いきなり仕事に来なくなった被害者について、何もアクションを起こさなかったのでしょうか?

と思ったら、なりすましメールで休む旨をメールしていたんですね。

それでも直接やめることを言いにいった訳ではないのですが、看護師の仕事はとても辛いと聞きますし、休むという連絡後に来なくなってしまう人はそれなりの数いるのかもしれません。

まさかこんなことになっているなんて、ご両親は特に悲しいどころか、まさしく絶望ですよね。

早く捕まえてほしいものです。
被害者のためにも、その遺族のためにも。

過労死防止対策推進法、可決

『過労死被害者の家族らが求めていた「過労死等防止対策推進法案」が23日、超党派の議員立法で衆院厚生労働委員会に提出され、全会一致で可決した。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140523-00000118-mai-soci》

今まで、何度も何度も過労で倒れたり亡くなったりする人が出てきているのに、今頃、ようやく可決されたのですか。
被害者の家族らは、ようやくひとつ、願いが叶ったという感じですね。

私は被害者ではありませんが、嬉しく思います。
防止対策水深法案ですから、まだこれからだと思うのですが、どうか形だけの法案にならないよう、願っています。

対策推進ですから、対策をこれから進めるよ!いつになるかわからないけどね!というのだけは避けて欲しいです。

厳密にどういう対策をしていくのか、どうやって推進するのか、話し合われると思うのですが、早期に実行していただきたいです。

今、この時に働きすぎで倒れる寸前の人が大勢いると思います。家族は心配で気が気じゃないでしょう。
しかし、仕事をやめれば仕事がなくなるので、無理をしてでも働かなければいけない、地獄ですね。

真っ当に生きている人間が、どうして奴隷のように扱われなければいけないのでしょうか。
私には甚だ疑問です。

いじめ防止対策推進法、推進状況調査

『文部科学省は、昨年6月に成立した「いじめ防止対策推進法」が定める「いじめ防止組織」の設置など対策の推進状況について、全国調査を実施する方針を決めた。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140524-00000010-mai-soci》

調度、昨年の今頃に成立していたのですね。知りませんでした。
まだ成立から一年という事で、恐らくはそれほど対策が進んでいないのではないでしょうか。

今まで何もなかったのが、こうして成立したわけですから、無いよりマシというか、これからに期待したいところですが……。

でもいじめは根深い問題ですし、どんなに対策をしても、きっとどうにかなるのは、誰かがいじめられた後なのでしょう。
つまり対応は後手後手です。
いじめはこっそり行われるものですから、発覚までに時間もかかるでしょう。
発覚しない場合だってあります。

私も小学生の頃、緘黙という一種の病気のようなものが原因でいじめられた経験があるのですが、卒業する最後まで、先生にも親にも知られませんでした。

訴える勇気が無かったせいもありますが、いじめられる人は大抵、そういった行動を選択するのではないでしょうか。

対策強化して、常に目を光らせ、せめて酷くなる前に対応していただければと思います。
今すぐと言いたいところですが、この先に期待します。

日本気象、雷予報アプリ公開

『日本気象は5月21日、スマートフォン向けアプリ「雷アラート:お天気ナビゲータ」をリリースした。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140522-00000065-mycomj-sci》

雷がゴロゴロ鳴る前にお知らせしてくれる、便利なアプリが公開されたというニュースです。

気象予報のアプリは有料無料で数多くありますが、『雷予報』は確かに、見たこと無いですね。

雷予報してどうするの?という話になってしまいそうですが、雷っていうものは確率が低いとはいえ人にも当たりますし、木に落ちて、どんなに大きな木でもなぎ倒してしまったりもしますから、危険なものです。

引用したニュース本文に書かれている通り、一時間くらい前に、雷の予報をしてくれたなら、そういった事故に巻き込まれずに済みますよね。

日本気象予報の公式なアプリですから、信憑性も高いですし、地震予報、天気予報、と並べて入れておきたいアプリですね。

屋内に居ても、雷嫌いの方はこのお知らせのお陰で心の準備ができたりするのではないでしょうか?

無料というのも、優しくて良いですね。

私は早速、どれくらいのものかと使ってみたいと思います。
雷はちょっと怖いので。

ボンタン狩りをした少年ら逮捕

『「ボンタン」と呼ばれる変形の学生服を着た中学生らに暴行を加え、その服を奪ったとして、大阪府警富田林署は20日、強盗致傷と傷害の容疑で府内の中学校に通う14、15歳の少年4人を逮捕したと発表した。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140520-00000575-san-soci》

流行というものはやはり、ある一定の時が経過すると、戻ってくるものなのでしょうか…。

私が中学生の頃は、腰パンとかいう、パンツ見えそうな制服の着方が不良たちに人気でしたが、ボンタンって結構昔の流行ですよね?
ボンタン狩りするくらいには広まっているということですから、今に蘇りつつあるんですね。

まあ、このニュースを見て言いたいのはそんなことではなく、なんでこんなことするんだ、ということですね。

暴力で物事を解決しようとする人たちは、いつの時代でも散在しますが、感心できることではないですね、もちろん。

暴力で捻じ伏せてもいいのは漫画や映画の世界だけです。そういうことするのは悪役ですけども。

彼らには厳重に注意していただきたいですが、更正させるためにはどうしたら良いのでしょうか。
ようするに『いきがる』年齢ではありますが、ただ注意するだけではダメですよね。

しっかりフォローしてあげてほしいところです。これからの為にも。

遠隔操作ウイルス事件の片山被告、関与を認める

『遠隔操作ウイルス事件は、冤罪(えんざい)を訴えてきた片山祐輔被告が一転して関与を認める劇的な展開となった。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140521-00000107-san-soci》

これは意外な形で事件が解決しましたね。

私も片山被告にはすっかり騙されていました。

確かに、本当に嘘をついているとは思えない様子でしたし、この件の決定的な証拠がなければ、もっとこの裁判は続いていたのではないでしょうか。
本当に驚きました。

しかし同時に、冤罪ではなかったということで、ちょっと良かったとも感じました。
これでもし冤罪でしたら、本当、大変ですからね。

しかし片山被告以前に、冤罪で捕まってしまった人のことは忘れてはいけません。
冤罪で捕まった本人を知っているわけではないので噂レベルなのですが、人生台無しになってしまった人もいるという情報もあります。

この罪、どうすればあがなう事ができるのか、片山被告にはたっぷり考えていただきたいところです。

もしかしたら、冤罪で捕まった人たちのことなんて、1ミリも考えていないかもしれませんが。
あんな事件を起こす人物ですしね。

恐ろしいものです。

見た目や口調に騙されないようにしなければいけませんね。

タバコをマンホールにポイ捨てしたら大噴火

『20日午後3時5分ごろ、大阪市浪速区恵美須西の路上で、「マンホールの穴にたばこを捨てたら、炎が噴き上がった」と、古物商の男性(46)が通りかかったパトカーの警察官に届け出た。』 《引用元:yahooニュース/URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140520-00000581-san-soci》

これはビックリな大事件、そして珍事件です。
道にゴミを捨てるのはありえない行為だと非難しますが、コレはさぞかし驚かれたことでしょう。

火傷もしてしまったみたいですし、ご愁傷様です。

大きな火傷ではなかったのと、火がすぐに治まったことが不幸中の幸いです。治まらなかったらかなり危険だったかもしれません。

これを機にポイ捨てをやめていただけると良いのですが、まあ、ただマンホールに捨てるのをやめるだけで、ポイ捨て自体はやめないでしょうね。

嘆かわしい限りです。

しかし、あの僅かな火を噴き上がらせてしまう程のメタンガスが発生するほどに、ゴミの溜まり方が酷い状態だったのでしょうか。

マンホールもみんなのもの、道もみんなのものなので、無闇にゴミを捨てるのはやめた方が良いですね。

しかしまずそれ以前に、道にゴミを捨てるという考えがわかりません。
どういう環境で育ったら、そんなことを平気でしてしまえる人間になってしまうのでしょうか。